FXにおける取引通貨の単位

subpage1

いまでは一般の個人でも世界をまたにかけるような金融市場に参加することができるようになったFXの世界ですが、かつては銀行をはじめ、生命保険、年金、投資信託会社などといった機関投資家がもっぱら取引をするところとなっていました。そのため、このころのFXにおける取引といえば、たとえば米ドルであれば1本100万ドル、日本円であれば1億円といった単位がふつうであったわけです。

しかし、個人がそのような大金を動かせるはずもないため、現在、個人向けのFXということであれば、おおむね1本を100分の1にした1万ドル、日本円であれば100万円といった通貨単位からの取引が可能となっています。


FXの場合には、レバレッジといって、元手となる資金が少なくても、ある一定の証拠金を担保として提供することによって、さらに大きな金額での取引が行えるというメリットがあります。
要するに、個人が1万ドルの売買という取引をする場合、手元にそれを円に換算した100万円が必要というのではなく、レバレッジのちからによって、わずか4万円、5万円といった程度の証拠金があれば、取引をさせてもらえるということです。

FXのことならお任せください。

そして、現在では数万円でもやはり金額が大きすぎるという人でも十分にトレードが可能なように、1000ドル単位、100ドル単位といった、きわめて小口の取引も可能としているFX業者もあらわれてきています。



もちろん、その場合は1回のトレードあたりの利益も小さくなってしまいますが、こつこつと毎日トレードをして利益を積み上げる意欲がある人にとっては、きわめてメリットが大きいといえます。

気軽にBIGLOBEニュースに今、注目が集まっています。

驚く情報

subpage2

為替取引といえば、FXとともの外貨預金が有名です。銀行ばかりでなく、信用金庫や郵便局などでも扱っているため、むしろ、外貨預金の方が、以前から馴染みが深いかもしれません。...

next

予備知識

subpage3

副業として最もふさわしいのは投資活動です。固定のコストが必要なく、一人で取り組むことができます。...

next

FXの話

subpage4

FX取引は自分の好きなタイミングで売買をすることができるため、取引スタイルによって短期で決済したり、長期間保有することができます。長期スタイルで取引する場合は注意しなくてはならないことがいくつかあります。...

next

知りたい情報

subpage5

FXによって多額のお金を収益として得ることができた場合、当然ながら、所得税の確定申告をして、その分の納税をしなければなりません。この場合ですが、FXの収益に関しては、申告分離課税という制度が適用されるため、ふつうの確定申告とは違うというところに注意しなければなりません。...

next