FXと外貨預金を比べてみよう

subpage01

為替取引といえば、FXとともの外貨預金が有名です。



銀行ばかりでなく、信用金庫や郵便局などでも扱っているため、むしろ、外貨預金の方が、以前から馴染みが深いかもしれません。

産経デジタルを知りたいならこちらです。

元々FXが1990年代後半の日本版金融ビッグバンまで、個人投資家が行うことができませんでした。
では一体、FXと外貨預金の間には、どのような相違点があるのでしょうか?まず、どちらも外国通貨を利用しますが、外貨預金の方が通貨ペアが少ないといえます。大手銀行であれば、円とメジャー通貨である米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフランの組み合わせがありますが、それ以外であれば、すべてのメジャー通貨が対象とはなっていません。



しかも、インターネットバンキングが主流な時代であっても、インターネットから口座開設ができない外貨預金もあります。

それに比べれば、一部を除いて、インターネット取引しか行われていないFXには、メリットがあります。


しかも、先で触れたメジャー通貨のペアがすべて揃っていないというのが珍しいでしょう。


しかし、外貨預金に比べ、動的であり、瞬時に大きな損失を被る恐れがあります。
証拠金を積むことになりますが、市場動向によっては、瞬く間に不足してしまう可能性があります。

日本の業者であれば、追証をすることになりますが、間に合わなければ、強制決済の可能性があります。その点、外貨預金は、動的というよりは、静的であり、お金を入れたまま、長期間市場が有利になるまで待つことができます。

仮にリスクが高くても、自ら進んで参加したいというのであれば、FXを選ぶのが望ましいでしょう。ただし、外貨預金にもリスクがあり、しかも、円安でなければ利益を得られず、手数料が高めの傾向にあります。