長期目線のFXで注意しなくてはならないこと

subpage01

FX取引は自分の好きなタイミングで売買をすることができるため、取引スタイルによって短期で決済したり、長期間保有することができます。長期スタイルで取引する場合は注意しなくてはならないことがいくつかあります。まずFXにはスワップ金利というものがあり、金利差によって毎日金利の支払い、もしくは受け取りをすることができます。

金利差が大きい通貨ほどスワップ金利が大きくなります。



長期でトレードする場合は途中で政策が変更となることもあり、金利が大きく変わるとスワップ金利がマイナスになってしますこともあります。

定期的にスワップ金利がどの程度ついているか確認しておかないと、知らない間に毎日金利の支払いが必要になってしまうこともあります。

決済するタイミングも非常に重要です。

日本経済新聞のお役立ち情報を公開しています。

FXの利益は申告分離課税によって税金を納めなくてはなりません。
いくらの利益が出たかという計算は、決済が行われたタイミングで行われます。



利益が出ているポジションは年をまたいで清算すれば、翌年の課税となるのです。
税率は一律で20%なので納税分の資金の確保の計算は簡単ですが、所得が大きくなればその分保険料が高くなることがあります。また、税制は途中で変更となることもあり、決済のタイミング次第では納税額が大きくなってしまうこともあるのです。
年をまたいでポジションを保有する場合は、どの年に決済したほうが納税負担が少ないか調べてから行うとよいでしょう。